東海川崎病研究会 会則

第1条(名称)
本研究会は、東海川崎病研究会と称する
第2条(目的)
本会の目的は、東海地区での川崎病の基礎及び臨床における理解と向上をめざし、研鑽と交流を計ることである
第3条(事業)

本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う

  1. 研究会を年1回開催する
  2. 研究会抄録集を発行する
  3. 研究会において、優秀論文賞の表彰を行う。詳細は別紙「東海川崎病研究会研究会優秀論文賞実施細則」に記す
第4条(世話人会)
  1. 本会に次の世話人会をおく
    代表世話人1名、会計1名、会計監査2名、当番世話人および
    若干名の世話人
  2. 代表世話人、会計、会計監査、当番世話人は世話人会で推薦、承認を得る
  3. 世話人は世話人会で推薦し、承認される
  4. 本会の運営は、世話人会で決定される
  5. 世話人の任期は原則定めず、本人の申し出があった場合など、世話人会で審議し、任を解く
  6. 世話人の定年を満65歳になった年度末までとする
第5条(当番世話人)
研究会開催時の講師の選択および依頼は原則として当番世話人が行う
第6条(運営費用)
  1. 本会運営のため、研究会参加者より参加費を徴収する
  2. 法人から寄付を受け取る事ができる
第7条(会計監査)
本会の収支決算は毎会計年度終了時に作成し、会計監査の監査を経て
世話人会にて報告されなければならない
第8条(事務局)
本会の事務局は名古屋大学小児科とする
第9条(会則の変更)
会則の変更は世話人会総員の1/2以上の賛成を必要とする

2016年5月21日改訂

世話人一覧

代表世話人
加藤 太一
会計監査
水野 寛太郎
会計監査
犬飼 幸子
会計
福見 大地
世話人
岩島 覚
世話人
岩田 直美
世話人
大森 大輔
世話人
小川 貴久
世話人
木曽原 悟
世話人
桑原 直樹
世話人
近藤 康人
世話人
篠田 邦大
世話人
篠原 修
世話人
鈴木 一孝
世話人
側島 健宏
世話人
長井 典子
世話人
西原 栄起
世話人
畑 忠善
世話人
原 紳也
世話人
松林 正
世話人
三谷 義英
世話人
三宅 能成

ページの先頭へ